令和元年度通常総会開催

 令和元年6月12日(水)午後3時30分より、岡崎ニューグランドホテル3F飛竜の間において、令和元年度通常総会を開催しました。
 早川勝博会長の主催者あいさつに引き続き、優良施設、優良従業員の皆様の表彰、そして、優良指導員及びこのたび退任されました役員の皆様に感謝状を贈呈させていただきました。そして、6月7日福井市で開催された公益社団法人日本章句品衛生協会東海北陸ブロック大会席上において岡崎上菓子組合組合長伊藤勝嘉さんが受賞された「令和元年度厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰」の伝達が行われました。
 また、池野肇岡崎市保健部長、中根義高愛知県議会議員、新海正春愛知県議会議員、中山賢一岡崎商工会議所専務理事はじめ多くのご来賓のご出席を賜り、盛大に通常総会を開催することができました。誠にありがとうございました。
 平成30年度は、ノロウィルス講習会、HACCP特別講習会、ふきとり検査員研修に加え手洗いマイスター認定講習会の開催、そして食品衛生指導員による更新調査、検便調査の実施、食品衛生責任者養成講習並びに再講習の受講管理のためIDやバーコードの導入による情報提供に取り組んできたところです。

 平成30年6月の食品衛生法の改正により、原則全ての食品事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組むこととなりました。新しい令和の時代のスタートにあたり、ふきとり検査員や手洗いマイスターに加えHACCP相談支援研修を通して食品衛生指導員のブラッシュアップを図り、食品衛生責任者講習の受講勧奨、検便実施の認証、賠償共済やふきとり検査の実施認証など、HACCPの考え方に基づく衛生管理に必要な体制づくりを見据えた事業計画が採択されました。