きのこ食中毒にご注意

有毒な野生キノコによる食中毒の注意喚起について
平成30年9月27日付け30生衛だい955号で、愛知県健康福祉部保健医療局長から、有毒な野生キノコによる食中毒の注意喚起について通知がありました。
秋はキノコ狩りのシーズンですが、毎年、全国で毒キノコによる食中毒が発生しています。今年もツキヨタケをヒラタケと誤って採取した事例等、毒キノコによる食中毒事例が相次いで報告されています。
 毒キノコによる食中毒防止のため、確実に食用のキノコと判断できない場合は食べないようにしましょう。

<ツキヨタケ>
食用のヒラタケ、ムキタケ、シイタケと間違えて食べて食中毒になる事例が多く発生しています。症状としては、食後30分~1時間程で嘔吐,下痢,腹痛などの消化器系の中毒症状が現れます。(写真:厚労省ホームページ)