News

ヨリトフグの肝 食べないで!

ヨリトフグでも毒確認 絶対食べないで
蒲郡市内のスーパーで「ヨリトフグ」の肝臓が交じった切り身パックを販売したことが発覚。フグの肝臓は有毒部位とされ、食品衛生法で提供が禁止されている。ヨリトフグは水深200メートル以上の新海に生息し、渥美半島沖などで、底引き網にかかり、西浦、形原地区の漁港に水揚げされ、別名「チョウチンフグ」とも呼ばれて、ヨリトフグの肝臓を食べる風習は昔からあるようですが、毒がふくまれている可能性は否定できず、県は絶対食べないよう呼び掛けています。ご注意を!!(H30.1.17中日新聞)

 

 

 

 

2018年01月17日

こんなことやってます

公益社団法人日本食品衛生協会が毎月発行している定期刊行誌「食と健康」12月号に岡崎市食品衛生協会の活動が紹介されています。12月号では「大量調理施設衛生管理マニュアルの改正」「知っておきたいアニサキスとクドア」に関する特集記事が掲載されるなど食品取扱事業者必読です。

「食と健康」の定期購読をお薦めします。購読申し込みは協会事務局へお問合せください。

2017年11月29日

損害賠償高額請求に備えを

高額請求の増加!
あんしんフード君への加入でいざというときに備えを!


☆アニサキス食中毒が原因でアレルギー体質に!
平成28年3月 大分県にて、サバによるアニサキス食中毒によりアレルギーを発症し、今後、出汁を含む魚介類の摂取が制限され、食中毒が生活に大きな影響を与える事になった事例では、損害賠償金等合計310万円が支払われた。


☆カンピロバクター食中毒でギランバレー症候群を発症!
平成28年3月 兵庫県にて、とりササミのたたきによるカンピロバクター食中毒でギランバレー症候群を発症した事例では、損害賠償金等1億円が支払われた。


万が一食中毒事故が起きた場合は、思わぬ高額の損害賠償金を請求されるケースがあります。
会員の皆様には「あんしんフード君」へのご加入をお勧めします。

2017年12月08日

シンガポール向け卵製品輸出希望施設について

  このたび 厚生労働省より標記の通知がありました。
シンガポール向けに卵製品の輸出を希望する場合は、下記要件を満たすことを確認のうえ、所定の申請書に署名のうえ7月6日(金)迄に厚生労働省食品監視安全課あて提出されたいとのことです。詳しくは 岡崎市保健所生活衛生課食品衛生係(23-6018)または、直接厚生労働省 医薬・生活衛生局食品監視安全課までお問合せください。
                  記
<対シンガポール卵製品の要件>
(今後、シンガポールと協議予定であり、変更の可能性あり)
1 卵製品製造施設の要件
(1)卵製品製造施設はHACCP方式による衛生管理を実施していること。
(2)食品衛生法(昭和22年法律第233号)第52条第1項に基づく営業許可を
有していること。
(3)食品衛生法等の関連法規を遵守していること。
(4)AVA(シンガポール農食品獣医庁)による現地調査が行われる場合、現地調査団
の受け入れに協力すること。
2 卵製品の食品衛生要件
(1)原料の殻付き家きん卵については、AVAに認定されている農場※で生産された殻付き家きん卵を使用していること。
※AVAに認定されている殻付き家きん卵生産農場の検索サイト
https://www.ava.gov.sg/docs/default-source/tools-and-resources/resources-for- businesses/JP_layerfarms.pdf
(2)日本において高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)およびH5およびH7低病原性鳥インフルエンザ(LPAI)が発生していない、又は終息から3ヶ月経過し、清浄性を維持していること。又は、卵製品はOIEガイドラインに沿った加熱条件で鳥インフルエンザウイルスを不活化していること。
(3)加工に用いられる殻付き家きん卵は、塩素剤(濃度:50~200ppm)、又は
承認された方法により殺菌されていること。
(4)一般生菌、特にサルモネラが殺菌される加熱条件で処理すること。
(5)人の健康に危害を及ぼすような添加剤を使用していないこと。
(6)製品は衛生的な容器で包装されていること。


2018年06月29日

関連情報

腸管出血性大腸菌感染症・食中毒の予防対策

O157による食中毒は症状のない保菌者が調理中に食品を汚染する場合や汚染された食品の殺菌不足等で発生しており、家庭内の二次感染もあることから、O157による食中毒予防対策に万全を期してください!!!!!(H29.9.21)